IMG_1165

国産のタイルって良いですね

外部用の床タイルで国産のものって実はあまり種類がないようです。カタログを見ても輸入物はいろんなサイズやデザインがあって、選ぶのも楽しいですが、国産となると。。。メーカーに確認してもほとんど扱っていないそうで、選択の余地も、レンガ調で何色にするかとか、表面がツルッとしてるか引っ掻いたようになっているか、のどちらかといった程度です。

しかし、輸入のタイルは表面に釉薬が塗ってあるものがほとんどで、割れたりすると下地が見えます。デザインも流行に左右されるので、数年経って割れてしまったところを同じタイルで貼り替えようとしても同じタイルが手に入らないこともしばしば。一方、国産はスタンダードなものしかないので流行に左右されることもないし、練り込みのタイルなので、多少割れても気になりません。

床のタイルを国産に決めた途端、壁も国産にしないとしっくりきませんでした。そこで、同じ表情のタイルを壁にも貼ることにしました。輸入タイルの華やかさはありませんが、しっかりとした表情と存在感があると思います。

日本人が作ってるタイルってやっぱり良いなあと最近思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です