IMG_1050

思い出の材料

ご高齢のおばあちゃんのために廊下に手摺を設けるのですが、この手摺、元々ここに建っていた築100年の建物に使われていた大きな梁なんです。解体の際、この梁だけはなんとか新しい建物に活用できないか、という要望があったので取っておいたのですが、なかなか新たな活用方法が見つかりませんでした。どうしようかと思っていたところ、現場に入ってから手摺が必要ということになり、取っておいた梁を加工して使う事にしました。100年も経った材料だったので、材種も良く分からなかったのですが、どうやら松だったようです。おばあちゃんが、ああ、あの建物の梁だったんだと思って毎日使ってくれるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です