image

我楽田工房の玄関

神田川アートブロッサムで一緒に江戸川橋から早稲田までの街を盛り上げていこうとしている我楽田工房さんのエントランスを改修させて頂きました。

元々はアルミの三本引戸だったところを、大きな窓のある木製の引戸にしました。

杉の板材と栗のウッドデッキ材は三重県尾鷲市で蜜蝋ワックスを作っている小川耕太郎さんに用意して頂きました。枠材は三重県熊野市の製材所、野地木材さんに送って頂きました。

工務店との話のなかで、足元は腐らないように石が良いという話になり、材料を国産にこだわって大谷石としました。その他、引戸の把手は我楽田工房の代表の横山さんが購入した流木の把手、丸窓には友人のまどかさんにステンドグラスを入れてもらいました。

我楽田工房のエントランスはさまざまな人やものが関わる事によって、多くの人が集まるような玄関になっています。みなさんも一度見に来てみてはいかがですか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です